まもなく冬期講習が始まります。年末年始の予定もどうぞ。

通常授業は、12/18(土)をもっていったん終了し、12/19(日)から冬期講習会期間になります。


冬期講習会は通常授業とは異なり、今までの復習をガッツリできる大切な期間です。


年末年始の予定を以下に書きますので、特に塾生・保護者の方はよくお知りおき頂ければと思います。


①通常授業は50分ですが、冬期講習会は1コマ75分の授業になります。
 冬期講習会期間は、入試対策講座・小学生対象英検対策講座はありません

12/19(日)は理社マラソンのテスト日です。
 申し込まれた塾生は、13時からテストをスタートしますので、12時50分までには住之江校にお越し下さい
 テスト時間は中1が45分、中2が60分、中3が75分となっています。
 理科と社会の間に15分の休憩をとります。

③12/29(水)~12/31(金)は、受験生を対象にした勉強合宿を羽衣青少年センターで開催します(予定)。
 このため、住之江校は休館日となり、自習はできませんのでご注意下さい。

1/1(土)~1/3(月)は、お正月休みのため、休館日となります

⑤1/4(火)から冬期講習会の授業を再開します。

⑥1/9(日)は小中学生模試となっております。
・小学生…午前10時までに住之江校3階にお越し下さい。
・中学生…午後1時までに住之江校4階にお越し下さい。
定規とコンパスを忘れないようにご持参下さい

⑦1/10(月)から通常授業を再開します。
 なお、この日は祝日ですが、授業はありますのでご注意下さい。
 入試対策講座・小学生対象英検対策講座も再開します。

⑧個別生で冬期講習会を受講される塾生は、後日配布する時間割表をよく確認の上、時間に遅れることのないようにご受講下さい。
 万が一、授業を欠席・遅刻する場合は、必ずLINEにて連絡を下さい
 講師は授業に専念しておりますので、電話でのご連絡は受けられない場合がありますので、お知りおき下さい。

十二月の教室。

今週もよろしくお願いします。

この週末は、あびこ校・住吉本部校で入試対策講座を行ってきました。

基本から発展まで、幅広く伝えてきましたが、理社マラソンでの暗記生活をやっている生徒は、しっかり思い出すことができてよかったですね。

そして、週が明けて月曜日の夜。

高校生は定期テストに向けて、中学3年生は受験に向けて。

それぞれの思いの詰まった、「十二月の教室」です。

高校生熱血。

住吉第一中学校では、本日と明日の2日間で期末テストが行われます。

ということで、中学校の期末テストが一段落し、今度は高校生が午後に塾に来て勉強する光景が見られます。

本日、14時30分くらいに高校1年生の生徒が来て、1時間ほど日本史の内容についてフォローをしました。

だいぶ前に「試験範囲になっているところをフォローして下さい」と申し出があり、その意欲に応えようというわけで、お互い貴重な時間をとってフォローさせて頂きました。

こうやって自分でお願いに来る姿勢は、今後大切なことになってきます。

こちらがあれやこれや言わなくても、自分で何をやるべきか。

それを住之江校の高校生はしっかりと学んでくれているのです。

用語の意味が説明できて初めて「暗記した」と言えるのである。

昨日より、「理社マラソン」参加者に暗記冊子を配布して、いよいよ3週間にわたる暗記の生活が始まりました。

中学2年生も、演習の時間を利用して、熱心に暗記に取り組み始めましたよ。



「暗記」ということについて、僕なりの考えを書くことにします。

たいていの場合、

「問題文」→「解答となる用語」

という向きで暗記していくと思います。

しかし、これだけでは暗記したことになりません。

「解答となる用語」→「問題文」

という向きで暗記していくことが大切です。

つまり、解答となる用語の説明ができなければ暗記とは言わないのです。

授業でも、「説明してみて」と聞くと、なかなかうまく答えられなかったりします。

自分なりの説明を考えてはいるものの、用語の定義とずれてしまうこともあります。

いいですか。

用語の暗記というのは、用語の意味を説明できて初めて暗記したと言えるのです。

3週間、そうした意識をもって暗記生活を送って下さい。



「理社マラソン」始動。

冬期講習までの3週間で、理科・社会科の力をガッツリ上げるイベント、「理社マラソン1000」の暗記冊子が完成しましたので、申し込みされた塾生に配布を開始致します。

テスト日は12月19日(日)です。

このイベントが冬期講習のキックオフとなります。

確実に理科・社会科の力がつきますし、冬期講習でも理解力が格段に上がると確信しております。

3週間で、どんな問題でも答えられるようにまで暗記していきましょう!

第40回歴史検定を受けてきました。

昨日11月28日(日)に、第40回歴史検定を受けに行ってきました。

会場は、北大阪急行電鉄の緑地公園駅から徒歩すぐのところでした。

3回目となる試験は、難化していました。歯応えのある問題がそろっていましたが、むしろ楽しんで受けることができました。

解答は本日公式サイトで発表されましたが、自己採点の結果は辛めに採点して68点。

前回比で17点落としました。

合格基準点が6割なので、今のところは何とも言えませんが、単純なミスもありましたので、来年度に向けての戦略を立てたいと思います。

この記事を読まれた方で歴史検定に興味を持たれたら、ぜひ下のサイトにアクセスしてみて下さい。

http://www.rekiken.gr.jp/

スタバ勉強やマクド勉強って、何の意味がある?

住之江中学校は本日で期末テストが終わり、真住中・加賀屋中・新北島中は明日で期末テストが終わります。

住吉一中は12/2(木)・12/3(金)に期末テストがありますので、熱血はまだ続いていきます。

中学生の期末テストが一段落しますと、次は高校生が期末テストに入ります。

高校生の熱血期間は各高校によって異なるのですが、多くの塾生が、夜になると塾に足を運んで勉強に専念する姿が見られます。

高校生は後輩の手本となるような学習姿勢を見せてくれております。

高校生ともなれば、こちらがあーだこーだ言わなくても、自分でやるべきことが分かってきますので、授業の中で疑問点を解決したり、土休日の熱血の自習監督をしている講師の先生にいろいろ質問したりできます。

スタバ勉強・マクド勉強は、百害あって一利なし。

勉強する環境は十分に整っているのに、なぜスタバやマクドに行くのか、理解に苦しむところです。

すでに卒塾した塾生も、やはり学習環境を求めて住之江校に足を運んでくれるようになりました。

卒塾生であっても、私たちにとっては創心館の生徒なのですから、遠慮することなく、思う存分住之江校で自習してほしいと思います。

意地になれや!

期末テスト期間に入り、13時30分ごろに最初の塾生が来てから次々と席が埋まっていきました。

何がなんでも点数を取りにいってやる、という意地の現れだと思います。

意地になるというのは、決して悪いことではありません。

僕は歓迎したいくらいです。

今夜も満席御礼です。

明日から期末。オールはやるな。

本日は勤労感謝の日で祝日ですが、朝から教室を開放しました。

住之江中・真住中・加賀屋中・新北島中が、明日から一斉に期末テストに入ります。

座席もほぼ満杯御礼状態で、それぞれの最後の課題に取り組んでおりました。

住吉一中は一週間後になりますが、演習を重ね、中間テストよりも上げていきたいという熱意が伝わってきます。

今日は早めに就寝して、明日からの期末テストに備えてほしいと思います。

くれぐれもオールはやらないように。

思いっきり間違えていいんです。

塾は、思いっきり間違えていい場所なんです。

いくらでも間違えていいんです。

正解にならなくても、それを責めたりしません。

本番で間違えないようにするために、

日々の勉強があるんです。

勉強は、間違いを重ねて知識になっていくんです。

今日も塾生たちはがんばりました。

明日も明後日も、朝から開けています。

やるだけのことをやっていきましょう。

ただ、それだけです。