#348 「読み、書き、そろばん」。なぜ読みが最初にあるのだろうか?

こんにちは。藤井です。

「覚えられへん!」という声をよく聞きます。
というか、毎日ですが…。

そうすると、「どうやったら暗記できるようになりますか?」という質問が山のように来るわけです。
「とにかく覚えるしかないねん!」とか、
「何度も書いて覚えるんや!」とかいうアドバイスは全く意味がないですね。

ここで、歴史のお勉強。
江戸時代に寺子屋というものがありました。
さて、そこで教えた教科は何でしょうか?

「読み、書き、そろばん」でしたね。

では、なぜ「読み」が一番最初に来ているのでしょうか?

江戸時代には様々な法令が出され、庶民には立て札の形で知らされることが多いんです。
しかし、立て札に書いてある文字が読めなければ、犯罪のオンパレードです。
ですから、小さい時から寺子屋に通い、基本的な知識をきちんと身につける必要があったわけなんですね。

時代が変わっても「読み」というものは大切な勉強なんです。
「これは全部言えるようにしよう」「この用語の説明ができるようにしよう」
それこそが勉強なんですね。

変わらず伝え続けなければならないことだと思います。

#347  歴史検定を受けて感じたこととは…

こんにちは。藤井です。

昨日、大阪工業大学で歴史検定を受けてきました。

試験を受けるというのは本当に久しぶりで、独特の緊張感がありました。

試験時間は50分ですが、早めに試験会場に着いたので落ち着いて受けることができました。

img_7413

試験終了後には、解答解説が配布されますので、その場で自己採点ができます。
結果は100点中83点でした。
正式な通知は1月中旬に郵送されてきますが、合格の手ごたえを感じました。

この歴史検定を通して感じたことがあります。
①僅かな時間でも続けることの大切さ
②復習と反復の大切さ
③強い気持ちを持つことの大切さ
の3つですね。

どれも当たり前のことなんですが、僕が身をもって実践しましたので、
生徒の皆さんにも伝わるはずです。
僕も何か一つ結果を出すことで、生徒にいろいろと話をすることもできます。

で、このあとはどうするか。
歴史検定は通過点。もっとさまざまな問題に出会うために、来年も受検します。
目標は「歴史検定1級3連覇」としました。

今の塾生にも、歴史検定を受検する生徒が一人でも出てくれたらと思います。

歴史検定についての詳細はこちらです→http://www.rekiken.gr.jp/

#323 一つのスタンド、一つのピッチ

こんにちは。藤井です。

昨日、ラグビーのワールドカップ準々決勝で日本は南アフリカに敗れ、ベスト8という結果になりました。

ラグビーの視聴率が40%を越えたと知り、それまであまりラグビーに興味を示さなかった人も、ラグビーの魅力に取りつかれたのではないでしょうか。

ラグビーのルールは複雑ですが、要は陣取り合戦なんだと思います。
相手の陣地にいかに攻め込んでいくか。
ボールの支配率を高くするためにいろいろな作戦を立てるんですね。
そこもまた、ラグビーの面白いところではないでしょうか。

僕がテレビ観戦をしていて、一つ気づいたことがあります。

それは、敵味方の応援団が入り混じっていることです。

野球で言えば、ライトスタンドはホームチームの応援団、レフトスタンドはビジターチームの応援団のように、わりとはっきりと分かれているんですが、
ラグビーは分かれていないんですね。
ラグビーというスポーツを敵味方関係なく、全員で楽しみ、エールを送る。

住之江校もそんな感じがします。
学年・学校関係なく、同じフロアに集まって勉強している様子。

まさに教室が一つのスタンドであり、ピッチのような感じですね。

今日もスクラム組んで、がんばりましょう!

#320 早朝特訓

おはようございます。藤井です。

まだ夜も明けきらない、少しヒンヤリとした雨模様の早朝。

生徒たちが続々と制服姿で集まってきました。

中間テストの最終日。朝の時間を有効活用しようということで、
早朝特訓を実施しました。

夜の熱血と変わらないぐらい、中1から中3まで最後の詰めをしています。
中間テストを最後まで乗り切るために。



そして、勉強が終わった後は…。

朝ごはんです!

生徒たちが事前にリクエストしたものを、昨日スタッフが買い出しに行ってくれました。
しっかり頭を働かせるために、しっかり朝ごはんを食べることが大切です。


いただきます!


8時くらいにはそれぞれの学校へ元気よく登校していきました。


いってらっしゃい!

がんばって!

#301 熱血期間と乃が美の食パン

こんにちは。藤井です。

今朝は涼しかったんですが、住之江校に出勤する時には汗だくでございました。
気温の差が大きい一日ですので、どうぞお体をご自愛下さい。

9月ももう終わりに近づき、10月になります。
熱血期間に入りますね。
2学期の定期テスト期間は各学校によってまちまちですが、
統一の期間として、10月3日(木)から10月18日(金)までとさせて頂きます。

しかし、2週間前から必ず塾に来て勉強するということに変わりはありませんから。
私なんて毎日が熱血期間のようなものですからね。

塾での勉強時間の多かった人が勝ちます。
間違いないです。

あとは本当にどうでもいいことなんですけど、
「乃が美」って知ってますか?
食パンがすごく美味しいと評判で、ずっと食べたいと思っていたんです。
しかし、すぐに売り切れてしまうんです。
昨日、スタッフから「南海の堺東駅の近くにありますよ」という情報を頂き、さっそく今日行ってきたんですが、見事に売り切れでございました。

リベンジします。

#300 帰り道に…

こんにちは。藤井です。

「勉強の仕方が分かりません」という相談を受けたとき。

さあ、どう答えますか…?

僕だったら、
「何の教科の」「どの分野で」「何点上げたいか」
というのを聞いてから、「~してみたらどうかな?」というふうにアドバイスするようにしています。

ただ、アドバイスには具体性がないといけません。
個々の課題を冷静に分析して、これならできるというレベルのアドバイスを具体的にする。
具体的に指示を出さないと、何から始めていいか分からないからです。

通販番組でも、
「※効果には個人差があります」とか、
「※個人の感想です」という但し書きを目にすると思うんですが、それと同じなんです。
当然、定期テストなどの成績や答案を分析しなければなりません。
アドバイスは一律ではなく、個々に異なるものですからね。

多くの人は特効薬的なものを求めたがるのですが、そんなものはありません。
アドバイスを受けたら即実行に移し、それを続けていくこと以外に何の方法もないからです。

成績を上げるためにはどんなアドバイスが必要なんだろうか…。
そのために僕はどんなことをしてやればいいんだろうか…。

昨日、仕事の帰り道にずっと考えておりました。

#296 連休中の夜の校舎

藤井です。

ブログ執筆中の時刻は20時01分。

自分の席でブログを書いているんですが、住之江校はオープンスペースなので全体を見渡すことができます。
今、小学生・中学生・高校生が自習に熱心に励んでいます。

それぞれの課題をもって、メリハリをつけてがんばっています。
学校での課題、本日実施した五ツ木過去問の解き直し、漢字ドリル…。

僕は、朝から夕方くらいまで五ツ木模試のプレ模試の様子を見るだけではなく、
生徒が問題に取り組んでいる間に歴検の勉強をして、
たまった書類の整理や質問受けなどをして過ごしています。

今日は気温が低めでしたが、明日は気温が上がるそうです。
また、台風も近づいてきています。
九州地方や中国地方はもちろん、被災地千葉でも影響が出るかも知れません。

くれぐれも用心ですね。

明日もプレ模試を実施するために、朝から住之江校を開けますが、天気の様子を見て、各ご家庭で塾に行くかどうかの判断をしてもらえれば大丈夫です。

生徒が勉強していると、僕も勉強したくなってくるんですが、
朝勉でいい一日のスタートを切りたいと思います。

明日もいい一日になりますように。

住之江校の神様も見守って下さっています。

#288 心よりお見舞い申し上げます

日曜日から月曜日にかけて、東海・関東地方を台風15号が襲いました。

僕は昨日お休みだったのですが、台風情報を1日中見ていました。

台風一過の首都圏の被害状況を見ていて、本当に心痛みました。

今も、停電しているところも多く、猛暑も加わって大変な思いをされていらっしゃる方も多いです。

昨年、近畿地方を台風が襲いましたが、いざという時の備えが本当に大切だと思い知らされました。

img_6699

停電した時に一番困るのは、スマホの充電です。

単3乾電池4本を使用した充電器です。いざという時に備えて外出時には持ち歩いています。
電池の寿命も考えて、電池は大量に保管しています。

充電の速度は機種によって違うんですが、これだけでも安心です。

備えあれば憂いなし。

今回の台風で被害にあわれた方、停電の影響でいまだに不自由な生活を強いられている方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

季節外れの猛暑です。どうぞ、お体をご自愛ください。