用語の意味が説明できて初めて「暗記した」と言えるのである。

昨日より、「理社マラソン」参加者に暗記冊子を配布して、いよいよ3週間にわたる暗記の生活が始まりました。

中学2年生も、演習の時間を利用して、熱心に暗記に取り組み始めましたよ。



「暗記」ということについて、僕なりの考えを書くことにします。

たいていの場合、

「問題文」→「解答となる用語」

という向きで暗記していくと思います。

しかし、これだけでは暗記したことになりません。

「解答となる用語」→「問題文」

という向きで暗記していくことが大切です。

つまり、解答となる用語の説明ができなければ暗記とは言わないのです。

授業でも、「説明してみて」と聞くと、なかなかうまく答えられなかったりします。

自分なりの説明を考えてはいるものの、用語の定義とずれてしまうこともあります。

いいですか。

用語の暗記というのは、用語の意味を説明できて初めて暗記したと言えるのです。

3週間、そうした意識をもって暗記生活を送って下さい。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中