#521 休み時間と授業の切り替えの大切さ。そして、化学1位の朗報。

こんにちは。

休み時間と授業の切り替えは大切にしたいですね

休み時間は5分なんですが、授業開始の1分前には声をかけて、スムーズに授業に入れるように気をつけています。

5分なんて、あっという間です。休み時間と授業の切り替えができていないと、授業中でも休み感覚を引きずってしまいますからね。

そこは毎回やっていかなければなりません。

昨日も「授業始まるぞー!」と全体に声かけをしまして、ピリッとした雰囲気を作っていきました。

私を含めて、講師全員でやる。

個別も集団も、ピリッとした雰囲気でなければ、いくら授業を熱心にしても伝わりませんからね。
大切な時間を共有しているわけですから、講師も生徒もそうした雰囲気は大切にしなければなりません。

そして、嬉しいお知らせがありました。

中高一貫校に通う中学3年生の生徒さんですが、化学で1位をとりました!

いやあ、お見事です!

今日、保護者の方とお電話で話をしましたが、大変喜んでおられました。

毎日長距離通学で、帰宅も6時30分とか7時とかの時間帯になる生徒さんなんですが、しっかり自習に来て、学校の課題などに取り組んでいます。

そうした地道な努力の積み重ねが、1位という結果につながったことは間違いありません。
どんな試験であっても、1位という数字は、モチベーションを高めさせてくれる数字です。
本人にとっても大きな自信になりますし、他の教科でも自信をつける一歩だと思います。

私も中高一貫校で指導した経験がありますが、中学3年生で高校1年生の内容を学習するわけですから、体力が勝負になってきます。
しっかり食べてしっかり睡眠をとっていきましょう。

集団授業で高校入試に向けて努力している生徒ともに、大きく成長できるものと期待しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中