#296 連休中の夜の校舎

藤井です。

ブログ執筆中の時刻は20時01分。

自分の席でブログを書いているんですが、住之江校はオープンスペースなので全体を見渡すことができます。
今、小学生・中学生・高校生が自習に熱心に励んでいます。

それぞれの課題をもって、メリハリをつけてがんばっています。
学校での課題、本日実施した五ツ木過去問の解き直し、漢字ドリル…。

僕は、朝から夕方くらいまで五ツ木模試のプレ模試の様子を見るだけではなく、
生徒が問題に取り組んでいる間に歴検の勉強をして、
たまった書類の整理や質問受けなどをして過ごしています。

今日は気温が低めでしたが、明日は気温が上がるそうです。
また、台風も近づいてきています。
九州地方や中国地方はもちろん、被災地千葉でも影響が出るかも知れません。

くれぐれも用心ですね。

明日もプレ模試を実施するために、朝から住之江校を開けますが、天気の様子を見て、各ご家庭で塾に行くかどうかの判断をしてもらえれば大丈夫です。

生徒が勉強していると、僕も勉強したくなってくるんですが、
朝勉でいい一日のスタートを切りたいと思います。

明日もいい一日になりますように。

住之江校の神様も見守って下さっています。

#295 プレ模試の意義

こんにちは。藤井です。

本日、住之江校にて第5回五ツ木模試のプレ模試を実施しました。

本校からの生徒も一緒に、過去問に取り組んでいます。

模試は、ただ過去問をやればいいというものではありません。
与えられた問題量を、与えられた制限時間でどのように解答していくかを学ぶことが大切です。

先日実施された第4回の五ツ木模試で、「時間配分を間違えた」という声を耳にしましたが、
それは力がないのではなくて、時間配分の練習が足りていなかったということです。

過去問を解いて、自己採点をして偏差値まで出して終了となりますが、
解けなかった問題にどのように向き合って復習していくか。
時間配分をどのように修正していくか。

そのためのプレ模試です。

第5回五ツ木模試は、10月13日(日)です。
明日も朝9時から、住之江校の4階でプレ模試を実施します。