#216 解説は細かく、演習はガッツリと

どうも、藤井でございます。

今日も気楽にお読みくださいね。

本日は昨日の中学2年生の数学の様子をお伝えします。

前回に続き、式の計算です。

①例題を解説しながらルールを学ぶ

②類題の奇数番号の演習

③答え合わせをしてルールが身についているかを確認

④前回の復習として練習問題を演習

⑤今回の復習として類題の偶数番号を演習


これが毎回の授業の流れになります。


演習時間が多いんですが、

ただやらせて終わりではなく、

机間巡視をしてアドバイスをします。


「分配法則、かけ忘れない?」

「後ろのカッコの符号気をつけて」


たった一言のアドバイスが、

本人にとってはミスを冷静に分析するチャンスだと思います。


一回の授業で扱う例題は3つくらいなんですが、

やはり演習で力をつけさせる必要があります。


かといって、例題の解説を疎かにしてはなりませんね。


かなり緻密にやります。


それがこの板書にも現れていると思うんですが、

ご覧になっていかがでしょうか?


社会科でやっている板書を、数学ではどのように書いていくか。

板書の分量は適切か。

いろいろ考えていかなければなりません。


何のために例題を緻密に解説するか。

生徒にもしっかり伝えていきたいと思います。


いつも創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございます。


授業中に生徒から積極的に質問も出ています。

すでに中間テスト対策の冊子も配布しました。


さあ、今日もがんばろうね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中