#196 小学生と一緒に

どうも、藤井です。

 

今日も気楽にお読みくださいね。

 

午前中は小学生の国語の授業でした。

 

小学6年生と小学5年生の授業で随筆をテーマに扱いました。

 

 

 

上が小学6年生、下が小学5年生です。


生徒が問題を解いている姿を見て感じたことは、

「文章中の言葉を使って、〇〇字以内で書きなさい」という問題を、

いやがらずにやっていたことです。


僕からは、

「間違えてもいいから、必ず自分の言葉で書く練習をしようね」と伝えただけなんです。

書き抜きの問題や記号問題も含め、すべての問題に熱心に取り組んでおりました。


そして、正答率も高かったんですね。


もちろん、なかなか書くことに慣れていない生徒もいますので、

僕の方でフォローを入れていきました。


最初は随筆を2大問で終わらせる予定でしたが、

みんなよくがんばっていましたので、論説文まで進みました。


書くとき、聞くとき、話すときのメリハリもしっかりついてきたように思います。


小学生のうちからこういう習慣は大切にさせたいと思います。



本日も創心館住之江校のブログにおいで頂き、ありがとうございました。


さて、午後は中学1年生、夜は中学3年生の授業と続きます。


朝から熱い授業でした!


お昼を食べて、このあともがんばります!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中